スタッフブログ

2014年12月10日

なまはげの囁き

看取り介護 有限会社ケアサービスおちあい

看取り介護 有限会社ケアサービスおちあい 2014/12/10 なまはげの囁き 「聞く」「見る」を勉強して周囲の人や物の真の姿に出会うことが出来たと思います 「思う」というのは「聞く」「見る」をして「より詳しく、深く、より広く、わかり、味わう」ことです 介護の仕事をする上で高齢の皆さんのことを広く理解が出来たら満足して頂ける介護が出来ます 「思う」は「聞く」「見る」を活用して勉強して下さい 「思う4」 自分の立場からだけでなく 『色々な人の立場になってみましょう。』 ポイント 複数の人の立場に立つ練習をします。例えば、家族の中なら、夫(妻)、子供、おじいさん(おばあさん)の立場になってみる。店の商品の陳列の仕方を考えるなら、色々なお客さんの立場になって店の中を見回してみるなどです。一つの事柄にも色々な人が色々な関わり方をしています。それらの人々を思い起こし、その立場になってみてください

(Life is Artより)

看取り介護 有限会社ケアサービスおちあい なまはげの囁きより